コーディングブログ

Coding Blog

【転職】マークアップエンジニアがキャリアアップするには – 2ヶ月間の転職活動

その他

私が転職して実体験を元に、個人的な感想を述べます。
おすすめ転職エージェントを記載しますが、エージェントの広告リンク無しのガチレビューです!

    マークアップエンジニアのキャリアプラン

    1. 今のスキルを使って、より開発寄りのフロントエンドエンジニアになる
    2. 今のスキルを使って、制作ディレクションを担う
    3. バックエンドやインフラなど別軸のスキルを身に付ける

    3は今のスキルを活かせないので、キャリアアップとは言えないでしょう。
    そして、未経験で採用してくれるところも少ないと思うので、ハードルが高いです。

    2はスペシャリスト思考か、マネジメント思考かによります。
    スキル + 社会的コミュニケーション能力が求められます。

    今後技術でキャリアアップしたい方は、フロントエンドエンジニアになって、より高度な開発に携わるしかないでしょう!
    そして、バックエンドの技術やインフラ、幅広く技術を身に着け、フルスタックの活躍をすべきです。

    少なくとも、マークアップ1本では絶対に食べていけないです。
    大体、

    • デザイナーがマークアップも行う
    • バックエンドがマークアップも行う

    など、兼任が基本ですから、需要が無いです。

    転職先は、より高度な技術で開発している受託制作会社か、自社サービスの開発を行うサービス会社か、
    どちらがやりたいか、自分の意向で選択しましょう!

    私は今回の転職の機会でスキル不足や成長スピードの遅さを痛感しました。
    エンジニアは日々情報や技術のキャッチアップが必須です。
    現職では活躍していても、市場価値は低い可能性があります。
    市場価値を意識して、皆様も一緒に精進していけたらと思います!

    おすすめ転職エージェント

    私が2ヶ月間で利用したエージェント。

    1. マイナビクリエーター(最初)
    2. パソナキャリア(最初から1週間後)
    3. ワークポート(最初から1ヶ月半後)

    マイナビクリエーターをメインに、サブでパソナキャリアを利用しましたが、イマイチ自分とマッチする求人が無くなり、3つ目のエージェントに登録しました。

    結論、個人的にはワークポートがダントツ良かったです。最初から利用しておけば良かったと思っています。

    1位 ワークポート

    面談有り
    連絡LINE、ワークポート会員プラットフォーム(eコンシェル)、電話
    求人多い、自分で検索し応募も可能

    とにかく求人が多く、eコンシェルで自分で求人検索ができ、合計30社以上応募できました。
    そして、エージェントとLINEでもやりとりし、スピード感もって進行できたので、2週間で入社が決定しました!

    面接後に必ず電話で感想や志望度を連絡します。
    1社1社に対するサポートや知識は薄いですが、効率よく進行できます。

    紹介キャンペーン

    紹介キャンペーンがあり、私の紹介で最初の面談に進むだけで、あなたに3000円のAmazonギフト券が贈られます!
    お名前とメールアドレスだけで紹介可能ですので、気が向いたら是非下記お問い合わせフォームからその旨をお伝えください。
    お問い合わせ

    2位 マイナビクリエーター

    面談有り
    連絡メール、電話
    求人並、エージェントに紹介してもらえないと応募不可

    14社応募しました。
    とにかくスピード感が遅かったです。

    ただ、1社1社企業担当がいて、面接のポイントをメールでもらえます。
    基本電話のやりとりは少ないです。
    1社あたりのサポートが手厚い分、スピード感と求人数に劣っている様に感じました。

    エージェントが求人を厳選して紹介してくれます。
    自分で求人を探せないので、「紹介をしてほしい」と連絡して2社程度追加で紹介してもらえるくらいです。
    さらに、エージェントが検索するので、紹介してもらえる求人がマッチしていない事が多く、効率が悪いです。

    無料で面接対策セミナーも実施しているので、登録して損はないです。

    手厚いサポートを求める方にはオススメ!

    3位 パソナキャリア

    面談無し
    連絡メール、電話
    求人少ない、エージェントに紹介してもらえないと応募不可

    6社応募しました。
    とにかく求人が少ないです。

    1社1社企業担当がいて、面接のポイントをメールでもらえます。
    企業によっては面接ポイントを電話で解説してくれます。

    担当の方が親身になって連絡をしてくれ、サポートも手厚いです。
    面接が佳境にきた時は綿密に連絡をいただき、支えてもらえました。

    エージェントが求人を厳選して紹介してくれます。
    自分で求人を探せないので、「紹介をしてほしい」と連絡して2社程度追加で紹介してもらえるくらいです。
    さらに、エージェントが検索するので、紹介してもらえる求人がマッチしていない事が多く、効率が悪いです。

    【重要】エージェント利用の注意点

    どのエージェントも共通で、面接後アンケートがあり、企業への印象や懸念、志望度を入力する必要があります
    そのアンケートで、エージェントに伝えていた企業への印象や、志望度はすべて企業側に伝わっていました。

    志望度2位と伝えていた企業になぜ2位なのか質問されました。

    2位だったため良かったですが、きっと圏外の企業の2次・3次面接は内心冷ややかなものだったかと思われます。
    キープしておきたい企業に対して下手に懸念点を列挙しまくると、危険です。
    お気を付けください。

    最後に

    いかがだったでしょうか。
    個人的な感想でしたが、参考にしていただければ幸いです。

    転職問わず、仕事をする上では、

    • 自発的に行動する(与えられる仕事だけをする作業者ではダメ)
    • 探求心をもって知識を深める(情報のキャッチアップを常に行う)
    • 自分だけでなく、チームを意識した配慮(人をサポートやリードする)

    上記3点を心掛けていれば、どの会社でも求められる人材となるでしょう。